メリークリスマス!

朝、目覚めた。
今日は、12月24日、クリスマスイブだった。
起きてすぐに、トイレへ行きたくなり、駆け込んだ。トイレに座ると、おしっこが勢いよく出て、流れていった。さして、珍しくもない、普通のことなのだろう。しかし、この3ヶ月間を過ごしてきた私にとっては、とても感慨深いものがあった。おしっこが普通に出るって、なんて幸せなことなのだろうか。

その日は、クリスマスイブ。
姉の呼びかけで、例年通り、兄弟姉妹、子どもたちが皆、実家に集まって、ささやかながらも夕食を食べて、クリスマスのお祝いをしようということになっていた。

私は、出かけるために着替えると、横浜から電車に乗って、東京の実家に向かった。思えば、3ヶ月前、9月の連休では、久しぶりに両親と兄弟姉妹が集まって、長野まで国内旅行に出かけたのであった。

「あれから、いろいろ大変な3ヶ月だったが、こうして普段の日常が戻ってきた気がするな」

両親、兄弟姉妹が揃って、家族旅行は、この間の9月の国内旅行が久しぶりだったが、普段の日帰りでの食事会ならば、クリスマスや正月、両親の誕生日など、何かと家族のイベントがあると、毎年よく皆で実家に集まって食事をしていた。

「あ、もう来ていたの、病気はどう?」

実家に一番最初に着いた私が、実家の呼び鈴の音で、玄関のドアを開けると、姉たちの家族が立っていた。9月の旅行のときは、姉だけの参加だったが、今日は姉の夫や子どもたちも一緒だ。

姉の家族が到着した後、ほかの兄弟姉妹たちの家族も、次々と実家にやって来た。姉は、今夜の食事にチキンを焼いてきていた。私は、横浜の有名なチーズケーキを持ってきていた。

「ね、手伝ってよ」

ダイニングテーブルのサイズを大人数対応に広げて、テーブルクロスを敷き、その上にお皿を準備していた姉が、弟に命じていた。弟たちがやって来て、姉の夕食の準備を手伝っていた。

「どうしてチキンなの?」

「クリスマスだからよ」

「クリスマスってチキンを食べるの?」

「そうよ」

姉の娘が、姉に質問していた。

「本当はチキンじゃないよね、ターキーだよね」

「ターキー?」

私が、姉の娘に声をかけると、こんどは私に姉の娘は質問してきた。

「余計なことは言わないでいいの」

姉は、私のほうをにらむと、値段の高いターキーを買いたくない姉は、ターキーはチキンの親戚だから、ターキーもチキンも、どっちでも同じなのよと、娘に説明していた。

兄たちは、リビングのソファでテレビを見ていた。年末でお正月が近いせいか、テレビのCMでおせち料理の宣伝をしていた。

「そういえば、お正月はどうする?皆、またここに集まれるのか?」

兄は、みなに聞いた。

「そのつもりだけど・・」

「ここで、皆で集まって、いつもの年のようにおせち料理でも食べましょうよ」

皆は、口々に返事をした。

「今度のお正月は、皆で長野の家に行って、そこでお正月するか?」

父が、突然言い出したが、この季節は、長野は寒いからと母や姉たちが父のことを諭して、次のお正月も、ここ実家で皆集まることとなった。

「ツリーの飾りつけは終わったの?」

「終わったよ!」

姉の娘や子どもたちは、リビングに置かれたミニサイズのクリスマスツリーに、小さなお星様やプレゼントの飾りつけをしていた。

「そしたら、テーブルに来て、クリスマスケーキにろうそくを灯して、ふぅーしましょう」

「ふぅーする!ふぅーする!」

子どもたちは、姉のかけ声でテーブルに集まってくると、クリスマスケーキにろうそくが灯るのを、じっと眺めていた。

うちの家族には、誰もクリスマス、12月24日が誕生日の人はいなかった。ケーキのろうそくを吹き消して、キリスト様の誕生日でも祝うのかどうかは、よくわからなかった。よくわからないろうそくの吹き消しを終えて、皆は口々に、おめでとうと言いあって、熱心なキリスト教徒でもないのに、お互いにクリスマスを喜びあっていた。

食事の後、私は特におしっこがもれることもなく、普通にトイレに行き、おしっこを出して戻ってくると、リビングのソファに腰掛けた。その腰掛けた下半身には、もうオムツも尿とりパッドも付いていなかった。

いつものクリスマスと同じ、いつものように実家で、両親、兄弟姉妹が集まって食事をしているだけのことなのだが、私は、テーブルでみんながお話をしながら食事している姿を見ながら、この幸せを噛みしめていた。

(完)


メリークリスマス!
※こちらの特集記事をスマホでゆっくり読む